読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぜんぶ嘘

一人恋愛議事録

14.みんなみんな大好きだよ

 常にだれか特定の女と恋人関係になっていないと落ち着かないはずの彼が実際には自分のいいなりになる女なんて、つまらなくてすぐ飽きて捨ててしまうなんて云うもんだから、適当に説き伏せた何回目かのデートのあと、五月にしては眩しすぎる照りつけるような午後の横浜で、横浜でデートした直後はその女と別れることになるんだなんて余計なことを話すから反射的にきつく付き合う意思などないと言い返すと、彼が思った以上に落ち込んだように見えたので胸の奥が軋んで痛くなった。

 彼とはもう会わないかもしれない。私が観たい映画をみて安っぽいラブストーリーだと批判する彼の目はいかにも退屈そうだし、私が気になったショップにもすこしも楽しくなさそうに後をついて回るだけだから。痺れを切らして、疲れているならコーヒーでも飲んで休憩していればと提案すると隣人と立ち話を始めた母親に突然放り出された子どもみたいにうろたえた。自慢のブランドスーツを着て夜に出会う彼からは想像しがたい様子に、早く日が暮れてくれるように祈った。

 

 彼は多分わたしの内面なんかには少しも興味がないだろう。たまたま私の形が彼の好みだったから執着しているだけだろう。彼は私のしょうもない内面を見抜いていて、きみのような女にはうんざりしているんだとかそういう感想を述べた。私がこんなしょうもない男に構うのは、つっつけば何かとんでもないものが出てくるかもしれないという知的好奇心からだ。

 でも彼の内面はどうしようもなく空虚で、それでいて自分のことにしか興味がない。だから彼が期待したとおり、彼の意にそぐわないクソ女のままでいて少しも媚びることなく、勝手にうんざりされて彼がほんとうに望んでいる女の子のもとへ返そうと思う。いや、返ってほしいと思っている。

 

 人は適材適所なのだ。美女とセックスしたいという願いが叶わないうちは、そいつは美女とセックスに足らない人間なのだ。私は誰か一人と愛し合ってそれだけが理由で幸せに暮らすことに足らない人間だった。じゃあ何が私の適所なのかといえば、今は数人の男子とローテーションしたりしなかったりして会って遊んでセックスしたりしている。

 これが面白いほどうまくいくので、散々私を苦しめてきた女ったらしたちをバカにできない。私がこれまでにいくら上野千鶴子に感化されウーマンリブとかフェミニズムにかぶれようとも、行動は保守的で古臭い男尊女卑の型に自ら嵌まっていただけであることを知る。私は過去のだらしない男たちと恋人ではなく同志でいるべきだったのだ。もう二度と出会うことのない彼らは、多分今の私を好きだと言ってくれるだろう。確かめようのないことだが、そうやって過去の苦しみを少しずつ美化していくことで、私は着実に自由を獲得するのだ。

13.アンチヒロイズム

 前述のとおり私はわりと多くの人々に異常扱いされたり腫れもの扱いされたりする人間なんだけれど、腫れものは腫れもの同士の集まりがあってそこではみんなお互い痛くない距離感でサバサバ生きてるし、昼があれば夜は必ずくるものなので、日が暮れていくことにいちいち傷つくこと自体なんか違うんだなって思いました。

 一部の腫れものは、腫れものであるにもかかわらずその自覚が薄いのか、ただ単に痛いのが好きなのかはしりませんが、自ら違う腫れものにぶつかりに行って軋轢を起こすことがある。もしかしたらそれやって現状が打破されるやつもいるのかもしれないが、大概はそんっな単純な傷ではないので多分痛いだけで終わりです。

 

 そんなに傷が痛いなら自分でえぐってればいいだけなのに、他人を道連れにするなんていくらなんでも不器用すぎるとおもいます。われわれの傷はわれわれのオーダーメイドであってみなそれぞれに仕様が違うので。傷そのものを見るとお互いに違うことがよくわかって場合によっては余計傷ついてしまうので、その苦悩から抽出された曖昧な人格とかで仲間意識とか共感とかをしたほうが遥かに痛みがなく、建設的な話をできそうです。

 傷を負った体験は時が経てばそれ自体は大した問題ではなく、過去は変えられません。われわれの傷は深く、ふざけて剥がした他人のかさぶたが完治には程遠く生々しい傷を露出してしまうかもしれないということを、常に念頭に置いてコミュニケートをするべきなのだ。

 

 なんていういかにも理想的で冷たいことを言ったりしていると、特に交際相手などにはこいつはなんとかしなければと可笑しな気を起こされることがよくあるが、だからそういうのいらないからってなってよく喧嘩になります。なにも私はあなた方に助けてもらいたくて交際をしているわけでも、そもそも私を救えるなんて大それたことは思ってもいないのだ。

 私にとって救いとは一時の快楽や贅沢くらいなものなので、黙って楽しく不純異性交遊をしたいだけなのに、付き合ってるっていうだけで責任感じる必要とかありませんし、期待してません。私にとって私の責任を負えるのは私自身と、あとはこの世に生まれ出でてしまった原因たる両親くらいなものです。

 

 こういう持論に寂しさや疎外感を感じる彼らはとてもかわいいと思いきや実際には多分ただのヒロイズムに酔っているだけなので、酔ってるだけならいいけど、あるときそんなもの必要ないと反論したときに呆然とされたことがあるので、男の子というものはよくわからないんだニャンなどと思うのでした。

12.いなばの白うさぎ

 こんにちは。新年度いかがおすごしでしょうか。私は酒とセックスくらいしか楽しいことがないけど元気だし、いたって健康です。快楽主義の人間は非快楽主義の人間によく異常者とか病気扱いされるけど、あらゆる不健全なことはその行動ではなく精神性によるものなのだと思います。

 子供のときにゆるふわ家庭崩壊を経験した人間はたぶんその後の人生で日の当たるところにいられる確率が低い気がするんだけど、世の中は日の当たるところあれば陰るところもありなので、日陰を歩いたところで人間失格ってわけではないです。その程度のことで失格になってしまったらこの世の人間のどれくらいの人たちが脱落の烙印を押されることになるんでしょうか?

 

 日陰者を差別する人たちを責めるつもりはさらさらないけど、いちいち批難してきてウザいのでなぜそんなことをするのか考えてみたけど、順風満帆な人たちは身近に潜む脅威(彼らからすれば)を認めると恐ろしくて生活できないからそれらを全部ないことにしたいんだと思いました。

 でも脅威だと思うこと自体が勘違いで、その勘違いは彼らが日陰者のわれわれを蹴落として生きているという自覚があってのことなのだと思うとなんだかやるせないですが、私はただ単に生きている世界線が違うだけなんだと捉えているので危害さえ被らなければなんでもいいです。

 

 そもそも、われわれはただのアニマルなんだから酒とセックスが楽しいならそれはそれで充実した人生を送れるのではないかと思います。酒だってうまい酒に凝れば知識や金や運とかも必要になってくるし、セックスだってただ性的快感を得たいだけのものではないです。

 昔は古風なヤマトナデシコ的な人格を期待してきた男に感化されて変態的な行為には抵抗があったような気がするけど、人は大体変態なので一周回ってアニマル的なセックスにこだわるほうがむしろ変態的ではないかと思うようになりました。これは適当に言ってますけど。

 

 とにかく誰かに迷惑をかけているわけではないし、今はまだ肉体的にはギリギリ若い女の部類に入れてるっぽいのでやりたいことはどんどんやろうと思って男の人とできる限りアポイントを取ってみたら無限に取れるので女ってだけで男が寄ってくるってなんて便利な性なんだろうと感心してしまいました。

 たしかにこの感じだと加齢とともに誰にも相手にされなくなるという話が全く理解できないんだけど、まあよく聞く話なのでそれなりに気をつけて年食っても相手にしてもらえる工夫とかをしてみたいなと思います。(適当)

11.BITCH IN THE BOX

 女の貞操観念の有無というのは、人生における父性の欠落が原因だという電波を唐突に受信しました。私は長男から生まれた長女なので表向きは大切な箱入り娘として、小市民なりに手間暇かけて育てられたわけだけど、両親の夫婦仲は悪くわたしが子供のときは常に喧嘩をしているか、私が怒られて泣いているかどっちかくらいの記憶しかない。

 父親は仕事しかしない(できない)そういう傾向を持った人間で、多分子供には金さえ使ってやってればいいとか、母親(過保護)の命令に従って私の習い事の送迎を嫌々ながらでもやってさえいればいいというような態度を露骨に示してきた。大人になった今でも相容れないものを感じているのでできればなるべく関わりたくない。

 

 家庭内にそういう歪んだ人間関係が形成されているにもかかわらず、母は絵に描いたような暖かい家庭とか団欒をやろうとする人で、そういう能天気な母親のおかげでたしかにそういう家族らしい家族との記憶や思い出もあるわけだけど、いっこの人間がこういう不安定な環境で育つとそのままアンバランスな人格が形成されるのでやめましょう。

 父親には母にバレないように暴行を受けていたので基本的に男性不信だったため、私の男性観は成人して門限がなくなり、実際に異性と交際するようになってからほとんど完璧に作り変えられたといっても過言ではないだろう。

 

 女の子の男運はパパ次第、というけれど、私は子供時代の記憶に報復するように仕事のできないダメんずとしか付き合わなかったし、でも実際には金のかかる娘だったからそんな人たちと上手くいくはずもなく、それでも数人とはそういうことを続けたけれど今にして思えばなんて陳腐でつまらない馬鹿なことをしていたんだろうと思う。

 これだけ若者の賃金が下がっていたら親以上に金を稼ぐ人もなかなかいないだろうと思いきや実際はそんなこともない。これは半分は母の受け売りだけど子供の限界を決める親はろくなもんじゃないといえよう。ためしにデートのときに財布を出すことすらなく会計を支払わせてみたりしてみたけど、私が父から与えらえた愛情は金だったんだと気付かざるをえなかった。

 

 親というのは自分を守ってくれる存在であるべきだとかいうけど、母はともかく父に可愛がられた記憶はないので、男性が自分を精神的に保護してくれる存在であるという感覚がない。多分そういう良い意味での先入観(というか期待?)がある人じゃないとそういう相手を自然に選ぶようにはならないのでは?私にとってはむしろ男性は私の安寧をただただ脅かす存在でした。

 そういうことは間違いなく子供のときに学ぶべきだったものですが、全部合わせるとこの10年くらいで理解できるようになったので、学びに遅いというものはないのだなと思う。まあ情緒の不安定さを世俗的な贅沢で満たす人間にはなってしまったわけだけど、だったらそれはそれなりにこの世の一時の快楽を貪り尽くして死ねばいいと思います。

10.すべては幻

 私はずっと自分のことを品行方正でお淑やかな人間だと思い込んでた節があるんだけど、ずっとって言っても多分思春期くらいのころからだし、でもその思春期ですら細かく思い出せば人を巻き込んで盛大に暴れたりしてたんだけど、それはほとんど無意識なので、無意識は記憶に留まっていないらしい。

 お前はアンビバレンス=クソ女だみたいな罵倒をされて、別に好きでこんな人格になったわけじゃないんだけど、前述の通りこの性質がもとで人を甚大に振り回していることがわかってきたからやっぱりなるべく一人でいようと思いました。

 

 このアンビバレンスというのはそうじゃない人には多分一生わからないんだけど、ほとんどの場合で無意識であって、治すことはおそらく不可能。世の中ではツンデレとかいうキャッチーなネーミングで大流行したこともあったけど、ラストでデレデレになるヒロインはアンビバレンスではなくただの照れ屋さんです。

 そういう都合のいい純愛萌えアニメに夢を見て実際のツンデレっぽい女を落そうとしても、最悪の場合、気を病んで終わります。多分その経験のある人から我われは知りもしない他人様にクソ女呼ばわりされたりするんだけど、人を簡単にカテゴライズして敵か味方か判断してあろうことか攻撃してくる時点でアンビバレンスだろうがそうじゃなかろうが愛なんか無理なんだよ。貴様は本当の愛の意味を知っているか?

 

 交際して喧嘩したり摑み合いになったりした相手にクソ呼ばわりされるのは構わないんだけどさ、交際すらしていないお友達関係の人にクソ扱いされるのはちょっと辛いなと思う今日この頃です。なんでセフレ以下のお友達にクソ扱いされるのか考えてみたけど、相手が私に好意を抱いていることを承知でそれに応えず、しかしながらかなり仲の良いお友達としてナアナアな付き合いをしているというどっちつかずの態度が気にくわないんだろうなと思いました。

 男女の友情否定派なんならヤれないと思った時点で切っちゃえばいいのに、好意や支配欲にかまけて思い通りにならない相手をクソ扱いするのクソだなーと思うけど、男性がそれだけ嫉妬深い生き物だということは決まりきって変わりようがない事実なので、私はクソ扱いしないよ。まあタイプじゃなかったら彼女にならないけどさ!

 

 人はみなもっと片思いというものの素晴らしさを知るべきだと思う。アニメとかの二次元キャラに入れ込む人たちがいるけど、あれは究極の片思いで無償の愛っぽい。下手なカップルよりよっぽど純愛だよ。一方通行は簡単なんだよ。愛を与える喜びがないと無理だけど、己の支配欲に支配されるよりは楽しいことのような気がする。

 支配欲、というと批判的に聞こえてしまうけど、私たちのように応える性である女にとって彼らは着火する火のようなもので、やはりどちらが欠けても循環しないものなんだなと思うと嬉しいです。どう頑張っても私たちだけでは燃えられないから。最近なんだか不完全燃焼なのでもっとめらめらになりたい。めらめらのパチパチになって焦げて燃えカスになるまで愛し尽くしたい。まあ朝が来たらさっさと家に帰りたいですけどね。

9.やってくる男を全員倒して一人になりたい

 付き合った男がおかしくなるな〜とはっきり思ったのは最後の男と切れたあとだったけど、彼氏が狂うことを公言しているとモテないからないことにしてただけです。別にモテたいわけじゃないけど、私には男(体)が必要なのでチャンスをわざわざ減らすようなことはしません。

 フラフラ生きてると私の人生を勝手に操縦しようとしてくる人はよくいて、彼らはつまり主に私の恋人たちのことですが、どうにかして私を助けてあげたいという善意から行動を起こしているのだろうけど、こういうのをありがた迷惑というのだろう。

 

 私は私が軌範する私の行動によってしか人生をやっていくつもりがないし、誰でもがそうでしかないと思って生きているのですが、どうやら他人に成り代わったり成り代わられたりできると本気で思っている人間はわりといるらしい。

 横から口出しをしてくる彼らの態度をたんなる戯れだと思って相手にしていると関係が破綻したりするけど、自分の人生は自分にしか責任が取れないので勘弁してほしい。それに、彼ら自身も自分の人生から逃避している場合が多いけど、自分の人生をやるほうが有意義なのではないか。せっかく男の子に生まれたんだからもっと闘えよ。闘って勝ったり死んだりしろ。それが男の特権だろ?勝ちたい人しかこないでください。

 

 暇なので数年前にしていたのと同じように無節操に男の人に会って遊んだりしているけど、感情的なつながりを求めず関係性が希薄であればあるほど、義務的に参加した飲み会の美味くもない居酒屋の酒をガバガバ飲んでただ機械的に酔っ払ってるみたいな気分になる。たしか若かった私はそれに飽きてしょうもないクズ男と付き合って消耗するプレイに興じるようになったのだった。

 柄にもなくまっとうな純愛っぽいものに目覚めてみたりもしたけど、プラトニズムとかは実践しようとすると多分この世に留まっていられなくなるなと思いました。もちろん死んでしまってもよかったんですけど、幸か不幸かそんな覚悟のある男はいませんでしたし、クズと付き合ったところで簡単に放り出せるほど人生に絶望することもなかった。

 

 結局だれもかれも私を壊してはくれなかったんだわ。っていうのは冗談ですけど、真剣にやればやるほど関係が壊れてしまう星の元に生まれたことは理解できた。実際の経験をふまえた上で誰とも深い仲にならないという選択をするのが、どれだけのことかわかってんのか。

 お前にはこれと同じだけの覚悟があるのか?ということを、今までの男は相手がよくなかったんだよ〜とかそれっぽい理由でこじつけて簡単に口説いてくる人間にぶつけていくストレートに重い女になろうと思います。

8.果たし得ない約束

 遅れてきた青春がやってきて誰かを好きになることを知ったとき、私はもう一生ほかの誰かを好きにならずに済むと思ったら安心した。黒蜥蜴なら毒を飲んで死ぬところだけど、あいにく毒物は甘ったるいアルコールくらいしか用意がなかった。
 先月買ったばかりの新しいブーツを履いてヒョコヒョコ歩いていたら左足首が腫れて痛い。よく知りもしない男の色気もクソもない口説き文句というよりは買収交渉を右から左に流しながら、目の前で表面張力を起こしている透明な液体を無心で胃に注いで間を持たせた。
 
 世の中というものはつまらないデートの愚痴でデートの約束ができるくらい雑で無神経なんだということに最近ようやく慣れてきた気がする。前述のとおり思春期にインターネット漬けだった私はインターネットの冴えないオタクたちの処女願望(裏を返せば強すぎる純愛願望である)に感化されていたし、初めて付き合った男は昭和以前風の大和撫子を時代遅れなまでに追い求めていた。


 数年がかりで行われた刷り込みはそれと同じだけの歳月をかけて解かれるもので、気がつけば自分がなにを目指していたのかすらよくわからない。世の中で結婚して家庭を持つことが幸せだという価値観がなかば集団ヒステリーじみているように、私もまた真っ当な社会人みたいなものにならなければならないと思い込んでいたのかもしれない。
 
 いくら好きでいたとしても彼でさえ私にとっては経験の一部でしかなく、私もまた特別な存在ではないのだ。一連の愛の実験はあえなく失敗に終わった。同じ過ちは三度までにしている。
 よく他にも男を作れと言われていた、私を独占しようとしていた当人に。愛情と現実は全く別物でありながら同時に存在するもので、目に見えない価値に現実を合わせようとすると途方もない努力がいる。もちろんいつも現実に敗れる。
 
 手の届くところに一番欲しいものがあるのに、手近なもので妥協するなんて野暮なことはできなかった。だからもう届かないところにいってしまったことに安堵している。好きなままお別れすると嫌いになることが今後一生ないのかもしれない。
 彼は私の記憶と空想の中でのみ存在する人になってしまったのだ。振られる、ということがこれだけ自由に一方的でいられることだとは思いもよらなかった。あれが私の絶頂であったことは、始まる前から勘付いていた。また開けてはいけない扉を開けてしまったような気がした。
 
 とりあえず純愛の悪夢から解放されたので、誰でもいい男をかき集めて順番に会うっていう彼がかつて私に望んだような行動をとってみたけど、想像以上に簡単に成し遂げられてしまったのでやはりあの時にやる必要なんかなかったことが確認できた。こうして新しい呪縛のなかでまたもがいていくんだと思う。