読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぜんぶ嘘

一人恋愛議事録

6.必要不可欠

 もし東京がなくなったら。もし東京がなくなったら、君と君と君と君と君と君ともうほとんど覚えてない誰かと二度と会うことのない彼らとの思い出も、その中にいたはずの私さえも綺麗さっぱりなくなって、でもきっとまた気がついたらどこかわからない場所にいて、また同じように歩いたり立ち止まったりしているんだと思う。

 そーゆー日常の崩壊は待てども待てどもやってこない。これは甘くて自堕落な夢だからだ。夢からなかなか醒めなくなった時期があった。覚醒する前にまた眠りの中に落ちてしまい、なかなか目を開けることができない。それでもやはり現実は続くのだが、夢ばかり見ていたらなんと現実が崩壊したので惰眠を貪ってる場合でもなくなった。

 

 ともすればこのくだらない日常は破壊するには惜しい平和といえるものなのかもしれない。人は失うことでその大切さを知るとかいうけど、知りたいからこそ壊したくなるというような知性の獣とでもいうべき人類は意外とありふれている。

 そーゆー茨の道に身を投じるのに傷一つない若い身体は持て余すものだが、若さは自然消滅するものだし、長く生きてれば傷の一つや二つや三つくらいはできるものだ。そうやって人生は少しずつ使い勝手がよくなっていく。どんなに傷つくことを恐れていても、生きているだけで失うものがあるこの世はなんて合理的なんでしょう?

 

 恋人と切れるとすごく忙しくなる。最近では人智を超えた領域に、次から次へと男を送り込んでくるお節介おばさんでもいるのではないかと思うようになってきた。まただめだったの?じゃあこれは?こういうのもいいんじゃない?って服でも選ぶみたいにさー。

 初心でうだつのあがらないロマンチストどもの寝言に付き合うのに飽きたので、ごく普通の社会的に脱落してない男を相手にしてみたけど、二言目には結婚家庭子供家族、もしくは穢れのない美しい純愛の夢みたいなものを宣うので、男というものを諦めて、私は私の思う通りに生きることにしました。

 

 きみと話していると若いときの情熱を思い出すんだよみたいなことを云う人間がいるが、それは私がモラトリアム女だからで、なにか特別な運命とか赤い糸とかそういうものではございません。若返りのために恋愛をすると破滅確率は80%オーバー。

 あまりにも安全な生活や人生に飽きて破壊行動に走る人間は、まあ止めたって無駄なので好きに破滅すればいいし、死ぬときは死ぬんだから早いか遅いかどちらかでしかない。でもそうやって危なっかしい人ほどどうせ死にきれないんだから、どのみち人生なんてそう簡単に変わらないのです。

 だから私なんぞを死神に見立てたりせずに一人で勝手に破滅してれば?って思うんですけど、それなりの代償を支払われるとなるとなんだか欲望に巻き込まれてしまうんだな。わかっちゃいるけどやめられない!やめられないし辞める気もそんなにないので甘んじて受け入れよう、さあ楽しいパーティーの始まりだ!(?!!??)

5.どちらでも同じこと

 悪夢を見た。元恋人が恨み辛みを蒸し返して長文メールを送ってきたり周囲の人間が一緒になって攻撃してくるといった散々な内容。目が覚めたら久しぶりの雨だった。

 私の人生はどうにもこうにも捻じくれてしまっているが基本的にゴムみたいな伸縮のある素材なので、ひとたび力が抜ければ元通りなのだった。こういう泥臭さとは無縁な自分の感覚がたまにつまらない。世の中は不器用な人間のほうが人気が出るからです。

 だからといって人気者になってチヤホヤされたいとかじゃなくて、人気者になるってことは暗いところでピカピカ光ってるようなものなので、夏の夜の街灯に得体の知れない有象無象が集っている様子しか想像できない。だからこそ私は日陰者なのです。夜に蝶々は飛ばないと思うけど、猫とか夜行性だし、夜には夜のよさがある。

 

 ブログを書くと恋人ができてブログどころではなくなるっていうのが私の中では定説だけど、ブログを書くくらい暇だとそれと同じ労力で人が見つかるってだけだなって思いました。出会いがないとか彼氏できないみたいな愚痴を垂れ流してる人って一定数いると思うんだけど、とにかくオスを獲りに行くぞと思えばそんなに難しいことではない気がします。

 私は恋人と別れるたびにもう誰とも付き合いたくないなって思うんだけど、とにかくオスという生き物はメスを孕ませることしか考えてない。それどころか孕ませた上に社会的な重荷を負わせてくる存在なので、男体を求めると面倒ごとがアンハッピーセットって感じなので単品注文したいんだけど、なんだかうまくいかないものだ。

 

 自分は誰かと付き合って永続的に幸せになろうなんて思ってないからいいんだけど、とにかく射幸心を全開にしてくる男性諸君は不幸でならない。不幸でならないが、いい加減歳をかさねてくると不幸にも強くなっているもののはずなので、そこに期待することにする。大人なんだから自己責任ですっ

 女の子が王子様と結婚するおとぎ話は「いつまでもいつまでも幸せに暮らしました」みたいな定型文で締められてることが多い気がするけど、では私たちの大好きなマリーアントワネットではどうだろうか。現実味がないと切り捨てられそうだ。マリーの熱心な愛好家たちが豪華絢爛なヴェルサイユの奥に血生臭い断頭台を夢見ているのだとしたらそれはそれで愉快だ。

 

 幸せは永遠につづかなくていいと思う。永遠なんてないし、永遠を探しに行くのはそれなりの代償は払わねばならない。代償を払ってそれをやってみたらすごく楽しかったけど人には勧められません。人には勧められないが、私は蟻地獄みたいな女なのでついついかわいらしい男や女がいるとこちらへ手招きして一緒に堕ちてみたくなるなっていう欲望を隠すのはもうやめて素直になろうと思います。

4.ここにはなにもない

 私は他人に対する共感、感情移入といった情動のようなものが希薄なのだろうか。人に対する興味や関心はあるのだが、相手の気持ちに乗り移る、寄り添うなどといった自他の境界を曖昧にするようなコミュニケーションがよくわからない。よくわからないが、どんなに頑張ってもよくわからないので正直どうでもいいと思っている。

 手と手が触れ合い、どちらのものともわからない生暖かい体温や体臭を感じても、その内側にある粘膜や分泌液を擦り混ぜ合わせたとしても、私やあなたを形作る皮膜がラーメンスープに浮かんでいる油みたいに弾けて一体化することはなく、私たちはどこまでいっても平行線なのだ。

 

 いくら人の心に接近しても、それは近いだけであって一緒になることは一生ない。それだけに、いくら近づいても私もあなたも壊れるはずがないと思ったのだが、それは私の世界で起こっている現象であって、私以外のだれかの中ではまた別の話だった。

 こういう90年代に流行ったアニメ風(?)のひとつになりたい願望というのは、たしかに多くの人の潜在意識?とかにあるような気もするし、多分私の中にもあるんだけど、なんだかとっても不毛なもののような気がする。そういう不毛な夢に眩惑されている危ないやつとはたまに縁があって、前述のように私が男女交際でなにかを成し遂げようと思うことはないので、なんだかフワフワとした、甘くぬるい現実逃避には最適のパートナーとなることもある。

 

 そういう非道徳的な恋愛こそが私の目的であって、そういう人とは最初からそういうことをするつもりで仲良くなるんだけど、相手はどこまでいっても男であり、社会的な責任から逃れられないし、それを果たした上で愛の逃避行ごっこ(笑)をしようという真人間でもないことが多い。

 彼らはマジな駆け落ちに夢を見ているのかもしれないが、私ははなからそんなつもりはないので、真意のほどは知らなくていい。なので社会とは適宜折り合いをつけつつ非日常を楽しみましょうという方向に持って行こうとするんだけど、なんだか快楽に溺れやすい人はそうもいかない。

 快楽に溺れやすい人というのは、耳元で甘く囁いた瞬間に射精に至ったりするので愛すべき存在ではあるが、敏感すぎると戦場では使い物にならないらしい。にもかかわらず、目の前の女とどうにかなろうとする望みを捨てきれない、愛すべき存在ではあります。

 

 なぜどうにかなろうとするのか。そういう刷り込みを打破できない男というのは、自分の幸福をこのクソつまらない社会規範に当てはめてしまっている。すでにしょうもないある意味堕ちた存在であるにもかかわらず、そこから這い上がる大した目算もないくせに人並みの幸福を夢見て、それに届かない自分の幸せに限界を作っているのだ。

 今や結婚や出産なんてリスクの時代でしかなく、私たちは大人になりきれない大人で都会で生活しようとすれば家も子供も贅沢品になってしまった。なってしまったらしいが、どちらも欲しくない私には関係のない話だった。

 

 しかしながらなぜこういうことを考えてしまうかというと、性的な関係を持ってなし崩しに付き合いに発展する男がこういう夢や葛藤を抱えていることが多く、私の交際の目的がセックスだとバレると目的が果たせなくなる可能性が高いのでなかば義務的にこれに関心のあるふりをしたりするけど正直いって楽しい現実逃避によくわからない葛藤を持ち込むなというのが、わたくしの申し上げとうことでございます。

3.恋愛と結婚を直結させるな

 私は俗にいうダメな男とばかり付き合ってきた。ダメな男とは仕事がない、金もない、家も車も持ってない、おまけに性格は難ありで下手をするとまともに男女交際をしたことがないといううちの条件のどれかに当てはまる人たちのことです。こういう人たちは流石ダメと呼ばれるだけあって本当にダメです。何度挑んでも消耗します。消耗を楽しむコンテンツ。

 とはいえこういう人らと交際するメリットはあります。それはズバリ高確率で結婚や出産をする必要がないことです。一般的に妙齢の女性を相手に男女交際する男性というのは、とにかく結婚や子供を夢みているものです。それはダメ男も例外にもれずそうなんですが、彼らにとっては実現不可能に近い夢だというのが現実です。

 

 まあ戸籍にいくらバツがついてもバツがつくだけなので結婚まではしてもいい派なんですが、子供だけはとりかえしのつかない事故になってしまう可能性が高いので気を付けたい点です。とはいっても結婚をした時点でいくら相手が納得してても親類に出産をそそのかされたり、相手の気が変わって子供を持ちたがる可能性はなんとなく高そうな気がします。そしてそこから夫婦生活破綻へのプレリュードが…

 よくわからないけど、オスというのは自分の生殖機能を誇示するために精子をばら撒いてなんらな成果物まで残そうとする生物だと思います。あんたのどこに養育機能があるのよ(子供は産むことにすら金がかかる)みたいな男が漠然と子供を持ちたがるのを見てるとそう思います。

 これは完全に余談ですが、SNSでぼんやりと子供をほしがるような書き込みをしていた恋人に精子観察キットを勧めたら、正常に機能してないことがわかったら嫌なのでやりたくないと拒否されました。つまんないの

 

 だったら結婚願望のないオスと付き合えばいいのでは?と思うんですが、結婚願望はおろか男女交際ってめんどくさいよねーキャハハハって笑いあってた人間ですらセックスしたらなし崩し的に交際関係になってたという体験から、私は何も信じない。全然よくわからないので男はとにかく結婚や出産をゆめみているものだということにします。それに女にはタイムリミットというものがあるので、徐々に気にしなくてもよくなることでしょう。

 あとそういうスレッカラシの男よりもバカでも無理でも夢とかある人間のほうが可愛いので好きです。私にはなにもないのでそう思うんだと思います。夢ばっかりでかい男が好きというのもダメ男を掴みやすいポイントです。クソでかい夢に向かってなんとなくがんばろうとする人のケツをバンバン叩くみたいなことをよくしてるんだけど、叩くのが下手なのか?叩いたところでどうしようもない地力のない男なのか?よくわからないけど大抵はどうにもなりません。どうにもならなくたって、それはそれで人生だ!

 

 という感じで最近になって自分はさげまんなのではないかという疑惑が湧いているんですが、そもそも交際したことによって何かを成し遂げようみたいな目標?とかがないし、基本的に交接を目的にするとき以外に男性と交際関係になろうと思うことがないので、お枕をご一緒する前に私なんかと関わってもいいことないヨ〜ンみたいなことをハッキリ伝えたりやんわりと伝えてるので良心的だろ。ついでに一方的に恩を売られるのが嫌なのでデートは基本割り勘の親切設計です。

 あと、仮にさげまんだったとしても、選んだ女が悪かったならそれだってお前の失敗なんだよ。最近はあきらかにダメ女の私を選ぶ人間はただ破滅したいだけなのではないかとすら思い始めている。でも、じゃあ破滅しましょうかって願望を叶えてあげようとすると尻込みしたりするので、どっちなんだよ。死にたいのか死にたくないのか?どっちなのか決めてから来てください(?)。

2.自分から逃げるやつは恋愛する資格がない

 おまえにとっての恋愛ってつまりセックスのことかよみたいな話をしてしまったが、私はいわゆる性依存のような病的な状態ではないし、セックスができることによって自分の存在が保証されるだとか、承認の欲求が満たされるだとか、そういうややこしい葛藤を抱えて生きているわけではない。よくわからないが、セックスはして当たり前のことなんだから、できたことによって何か価値があるとかないとか、そういう話はよくわからない。

 さて、このままではとんだお下劣ブログになってしまうのでもう少し真面目な話をしよう。私だってなにも生まれたときから男の性を搾取したいみたいなことばっかり考えて生きてきたわけではない。愛とか情とかそういうことをさんざん真剣にやってきた上で、んなもん全部くだらねーんだよとちゃぶ台ひっくり返して暴れたい。そのほうが説得力がある。

 

 私が交際してきた男たちは簡単に言えばたいがい捻くれたマザコンヤローという感じで、ママを神聖視するあまりに女に対する期待値が爆上がりしてる人たちです。こういう人たちは簡単なので、きつねに酸っぱい(実はとっても甘いんだよ〜)ぶどうを与えるつもりで彼らの理想とする女神らしい態度(っていうかママが子供にするお世話みたいなこととか)を取るだけでいちいち感心したり感激したりしてくれるので面白いし、実際とても可愛らしいものです。

 可愛らしいのでついママになったつもりで色々やるんですけど、関係がすすむにつれて完全なママを演じることにも無理が生じてくるし、っていうか私はママじゃないからママ要素にブレンドした私要素を少しずつ濃くしていくんですけど、細かく刻んで肉団子に混ざったピーマンがそれだと気付いたとたん肉ごと吐き出すみたいな感じで、あるときから唐突に関係が破綻してくる。

 

 ママを演じた私は作戦負けだと思うけど、そもそもおまえはママと付き合ってないことを最初から認識していたはずなんだから別にいーじゃんっていうか、なんでそこで吐き出されなきゃいけないんだ?といつも疑問なのです。

 吐き出すっていうか実際にはモラルハラスメント的な言動によってそれが起こるわけなので、なんぜモラハラされなきゃいけないのか?って怒ったり諭したりするんですけど、アアおれが悪かったよみたいに丸く収まったことはまあない、あったらこんなことを長年疑問に思うことはない。

 

 マザコンっていうともうこの単語だけで死ぬほど嫌悪する人がいるようなワードだと思うんだけど、付き合う男が毎回これだとやっぱり私としてもそれらに立ち向かわなくてはならないんじゃないかと思う。チンポのために。

 立ち向かうっていうか、もっと簡単にマザコンという条件を受容してその男と付き合うことが立ち向かうことになると思うんだけど、この受容というのはいわゆる愛です。だけど、私がいくら努力して愛なるものを与えても、結局は彼らは自分自信と向き合ってそのよくわかんないママへの葛藤を解きほぐす気がないどころか、その葛藤を目の前の女にぶつけてる時点で実ることのなく不毛な大地に種を蒔いたようなものなのだなぁ…ということを何度となく失敗を繰り返し、いろんなものを失ったり警察沙汰になったりして恋愛キチガイとして箔がついたあたりでようやく学んだぜ。人生を楽しみすぎて実家送りになった。ギャハハハ!

 

 おめでたいバカなので自分さえ努力すれば大抵のことは解決できると思ってる節があって、恋愛にもそれを適用しようとするんですが、恋愛以外でも自分さえがんばればどうにかなることばっかりじゃないんだから無謀だろって感じなんだけど、私がどんなに励ましたって、とにかく相手に自分に向き合う地力がないと大体うまくいかないようにできてるんだな〜みたいに思いました。

 その証拠みたいにそれまで音沙汰なかった元恋人のまったく貴様は全然懲りてないな!としか言いようのなさそうな噂話や、意味不明な復縁要請?みたいなメールが届いたりして、まったく人生って正解を引いたときばっかりは全部タイミングよく答え合わせみたいなことが起こりますね。

1.恋愛について

 私の古い記憶の中では制服を校則通りに着てダサいメガネとお母さんが切ったモッサリしたショートカットで通りすがりのヤンキーに鼻で笑われるような根暗っていうのがセルフイメージなんですが、いつからかよくわかんないけど表参道とか原宿とかで高い金払って髪切って雑誌に出ないような服屋で買った服着てるし、特に頑張らなくても気がついたら男ができてるくらいには人生が進歩?した。

 そんな私の悪癖といえば付き合ってたり付き合ってなかったりする男をネタにインターネットにいろんんんなことを書き込むことなんだけど、それでもなぜかインターネットを経由して男と出会ったりするので世の中は不思議です。大抵の男はインターネットにそのような書き込みをすることを許可してくれるんですが(なぜか)、そうかそうかと思って素直に色々書きまくってるとなぜかそのことで怒られたりするのがますます不思議で、ひとの心とは摩訶不思議なものだ。

 

 ダサダサな中学校時代は制服を校則通りに着ているだけで教師に感心されるっていうお得な属性(俗にいう優等生)を持っていたのだが、それから10年以上経った今もそれと似たような効果はあって、とにかく真面目そうだとかまともそう、というか清楚・大人しそうみたいな野郎どもの都合のいいイメージでフィルタリングされて、つまりそういう期待感を持ってそういうのが群がってくる。

 思春期からインターネットの世界に浸りすぎて男はとにかく黒髪のヤマトナデシコ?的な女が好きだっていう英才教育を受けたので、そういう私の外見から勝手に期待されるイメージをうまいこと崩さないように控えめに微笑んで適当に褒めておだてれば、あとはこっちのものでありがたく男体にありつけ、これに味を占めた私はほとんど途切れることなくセフ、いや恋人を得ることに成功してきた。

 

 しかしながらこうして得たセックスは、清楚系のカノジョという代償を払わねばならず、しかもそういう女が好きな男は重度のマザコン率が高く、ひとたび私が理想のカノジョ像から離れた行動を取ると、ママへの捻じ曲がった熱い思いをモラルハラスメントにして私にぶつけてくるというのがお決まりのパターンです。

 私は母性に自信があるので(???)マザコンとセックスすることになんの不都合も感じないのですが、それでも一切する気のない結婚や妊娠をチラつかせられるとゲンナリするし、しかしゲンナリすると新しいオチンチンを探さないといけなくなってダルいからなんとなく話を合わせ、でも結局おまえらはおまえらのしたいママ(もしくはシスターのこともあった)とのセックスするべきなのでは???とか思ったり思わなかったりする。

 

 まあなんかとにかく全部めんどくさくなったし、なぜそんなにめんどくさいロールプレイを自分に科していたかというと、単純に年若く、人生経験が浅かったので保身のためです。男は、私の経験上の話ですが、女のほうから性交を迫ると怒られます。上に跨って笑ってると怒られます。尻を高くあげさせて以下自重

 なぜ怒られるかってことなんですが、つまり男性にとっても性的搾取は恐ろしいことなのだ。一般的に性的搾取や性犯罪の被害者は女性のイメージがまだまだ強いと思うが、女はある程度の年齢になると世の中そういうものだみたいな感じで、痴漢に遭わないように夜道を歩かないようにしたり女性専用車に乗ったりして対策する。対策したって学校や会社にいるオスにセクハラされたり、ボディーラインに無遠慮な視線を感じたりして、なんかそういうものが雨とか風みたいな自然災害じみてくる。

 で、そういう自然災害とは無縁だと思い込んで生きてる男はちょっとでも雨が降り掛かろうものなら過剰に反応して、女がセックスしたがるとは何事だみたいなよくわからない理由をつけて怒ったり、罵声を浴びせたりしてくるわけです。たぶん。

 

 そんなウブな男ども相手に若い女に性的に搾取されるなんていうショックを与えると何が起こるかわかったこっちゃないので、いかにも無害でおいしいリンゴですという顔をして大人しくいいようにされてるふりをして快楽を貪るというややこしいことしてたんですが、もうそろそろ若くもないのでやり方を考えていきたいなと思います。

 まあ搾取はいけないことなんだけど、性交はもちろんお互い合意の上ならなんの罪にも問われないことなので、相手の様子をみて清楚なカノジョというロールを忘れてやりまくってたら、なんかよくわかんないけど性交を拒否されるようになったので(中略)悪かったなと思っている。