ぜんぶ嘘

一人恋愛議事録

1.恋愛について

 私の古い記憶の中では制服を校則通りに着てダサいメガネとお母さんが切ったモッサリしたショートカットで通りすがりのヤンキーに鼻で笑われるような根暗っていうのがセルフイメージなんですが、いつからかよくわかんないけど表参道とか原宿とかで高い金払って髪切って雑誌に出ないような服屋で買った服着てるし、特に頑張らなくても気がついたら男ができてるくらいには人生が進歩?した。

 そんな私の悪癖といえば付き合ってたり付き合ってなかったりする男をネタにインターネットにいろんんんなことを書き込むことなんだけど、それでもなぜかインターネットを経由して男と出会ったりするので世の中は不思議です。大抵の男はインターネットにそのような書き込みをすることを許可してくれるんですが(なぜか)、そうかそうかと思って素直に色々書きまくってるとなぜかそのことで怒られたりするのがますます不思議で、ひとの心とは摩訶不思議なものだ。

 

 ダサダサな中学校時代は制服を校則通りに着ているだけで教師に感心されるっていうお得な属性(俗にいう優等生)を持っていたのだが、それから10年以上経った今もそれと似たような効果はあって、とにかく真面目そうだとかまともそう、というか清楚・大人しそうみたいな野郎どもの都合のいいイメージでフィルタリングされて、つまりそういう期待感を持ってそういうのが群がってくる。

 思春期からインターネットの世界に浸りすぎて男はとにかく黒髪のヤマトナデシコ?的な女が好きだっていう英才教育を受けたので、そういう私の外見から勝手に期待されるイメージをうまいこと崩さないように控えめに微笑んで適当に褒めておだてれば、あとはこっちのものでありがたく男体にありつけ、これに味を占めた私はほとんど途切れることなくセフ、いや恋人を得ることに成功してきた。

 

 しかしながらこうして得たセックスは、清楚系のカノジョという代償を払わねばならず、しかもそういう女が好きな男は重度のマザコン率が高く、ひとたび私が理想のカノジョ像から離れた行動を取ると、ママへの捻じ曲がった熱い思いをモラルハラスメントにして私にぶつけてくるというのがお決まりのパターンです。

 私は母性に自信があるので(???)マザコンとセックスすることになんの不都合も感じないのですが、それでも一切する気のない結婚や妊娠をチラつかせられるとゲンナリするし、しかしゲンナリすると新しいオチンチンを探さないといけなくなってダルいからなんとなく話を合わせ、でも結局おまえらはおまえらのしたいママ(もしくはシスターのこともあった)とのセックスするべきなのでは???とか思ったり思わなかったりする。

 

 まあなんかとにかく全部めんどくさくなったし、なぜそんなにめんどくさいロールプレイを自分に科していたかというと、単純に年若く、人生経験が浅かったので保身のためです。男は、私の経験上の話ですが、女のほうから性交を迫ると怒られます。上に跨って笑ってると怒られます。尻を高くあげさせて以下自重

 なぜ怒られるかってことなんですが、つまり男性にとっても性的搾取は恐ろしいことなのだ。一般的に性的搾取や性犯罪の被害者は女性のイメージがまだまだ強いと思うが、女はある程度の年齢になると世の中そういうものだみたいな感じで、痴漢に遭わないように夜道を歩かないようにしたり女性専用車に乗ったりして対策する。対策したって学校や会社にいるオスにセクハラされたり、ボディーラインに無遠慮な視線を感じたりして、なんかそういうものが雨とか風みたいな自然災害じみてくる。

 で、そういう自然災害とは無縁だと思い込んで生きてる男はちょっとでも雨が降り掛かろうものなら過剰に反応して、女がセックスしたがるとは何事だみたいなよくわからない理由をつけて怒ったり、罵声を浴びせたりしてくるわけです。たぶん。

 

 そんなウブな男ども相手に若い女に性的に搾取されるなんていうショックを与えると何が起こるかわかったこっちゃないので、いかにも無害でおいしいリンゴですという顔をして大人しくいいようにされてるふりをして快楽を貪るというややこしいことしてたんですが、もうそろそろ若くもないのでやり方を考えていきたいなと思います。

 まあ搾取はいけないことなんだけど、性交はもちろんお互い合意の上ならなんの罪にも問われないことなので、相手の様子をみて清楚なカノジョというロールを忘れてやりまくってたら、なんかよくわかんないけど性交を拒否されるようになったので(中略)悪かったなと思っている。